和歌山の婚活の進め方

和歌山の婚活の進め方を紹介します

婚活で女性に相手にされない人の共通点とは

婚活パーティーなどで女性と会話のキャッチボールができた方は、対戦してもらえたのだからまだいいほうです。なかには、女性に避けられ、まともに会話すらしてもらえない、対戦すらしてもらえないという方も実は大勢いらっしゃいます。

こういう方に共通しているのは、自分の見た目に関心がないということです。自身の外見を良くする努力をしていないので、女性に「この人のボールを受けてみよう」と思ってもらえません。投げ手の外見がきちんとしていないと、女性はボールを受ける気すらしないのです。

ところが、女性にまともに相手にされない、そんな人に限って、会話の技術について書かれた本を、私よりも詳しく読んでいたりします。女性と二人きりになることすらできないのに、本でホテルの誘い方なんかを勉強してどうするのでしょう。

婚活パーティーでは、一度に20人とか50人といった、大勢の女性と出会えます。限られた時間の中で、その全員と一人ずつじっくり話をするなんてことは無理でしょう。男性も女性も皆同じ思いです。話せる相手は限られているのですから、当然、第一印象で好みだと思った相手から接触を持とうと、男性も女性も考えます。

今のままのあなたと勝負してくれる女性がいればよいのですが、1~2時間で対戦相手を決めなくてはいけない婚活パーティーでは、見た目の雰囲気が悪いと、出会った数秒で「この男と話すのはありか、なしか」と、女性の「可能性」というふるいから落とされてしまうのです。でも第一印象が良ければ、「タイプじやないけどキャッチボールしてもいいかな……」と、そのくらいは思ってもらえます。

男性は会話の技量が低いのだから、女性に教えを請うくらいの謙虚な気持ちで臨んでいただきたいです。だったら、対戦してもらえるよう、見た目を良くするのは当然だと思ってください。

会話に比べたら、見た目を変えるのは簡単です。会話はお金では解決できません。

会話はスポーツと例えましたが、プロスポーツ選手に教えてもらっても、あなたはすぐに上手くはならないのです。でも、髪型や服装はお金で解決できます。

わからなかったらプロに相談するという手もあります。笑顔も姿勢も、意識すれば今からでも変えられます。何も、身長を伸ばせと言っているのではありません。変えられる範囲で、マイナスをプラスに変えましようと言っているのです。イケメン俳優に変身しろとまでは言いませんが、むしろそのくらい別人になるくらいの覚悟で、できるところは全て改善していただきたいと思います。

「ありのままの自分」は「努力をしない自分」になっていませんか?

婚活で成果が出ていないのに見た目が変えられないのは、最後は自分自身の気持ちの問題なのです。