和歌山の婚活の進め方

和歌山の婚活の進め方を紹介します

婚活の会話の話題なんて、なくても大丈夫。それより大事なことは

婚活の会話で話題はたくさんあったほうが会話に困らないのは当然です。でも、話題だけではダメです。

たくさんいろんなことを知っていても、それを自慢したり、知らない相手をバカにしたりでは、コミュニケーションにはなりません。

大事なのは、あなたの感情と相手に対する気持ちです。ボールにその気持ちを乗せているのが、会話のキャッチボールなのです。

たとえ話題が少なくても、相手に対する優しい気持ちや興味深さがあれば、心でキャッチボールができています。では、その相手に対する気持ちは何で伝わるのでしょうか?

それは、会話をしているあなたの表情や目線、うなずき、姿勢、しぐさ、声など言葉以外のところで相手が感じるのです。

わかりやすい例ですが、あなたは可愛い犬を飼っています。愛犬はあなたのことが好きな気持ちを、どのように伝えるでしょうか? 言葉の内容でしょうか? 話せなくても言葉以外でしっかり伝えられていますよね。

会話のトレーニングをするといっても、アナウンサーやお笑い芸人を目指す必要はありません。一般的な、会話のキャッチボールの技術を上げるだけでいいのです。

婚活の場では、高度な技術をもって場を盛り上げるエンターテイナー的な人よりも、一人の女性に対して誠実な対応ができる人のほうこそ成果が出ています。

会話が得意な人に限って陥りがちなのですが、単なる飲み会と勘違いして失敗する人がいます。笑いをとろうと自分を卑下するような変なことを言ったり、相手の女性をバカにしたりするのは、友達ならうまくいっても、婚活でそれをやったらおしまいです。

結婚相手を探す婚活の場では、相手に対する思いやりを伝えることが最も重要なことなのです。